2015.06.26 トム君・・・
なんだか・・・・・




未だトム君がいない事に違和感があって仕方がありません・・・
ビットの時の様に病気になって、看病してと流れがあったのとは全然違って本当にあっという間だったので家族全員、トム君の骨まで見ているのになんだか2階からリビングに走ってひょこっと現れるんじゃないかって思ってしまったり・・・朝ご飯をあげるのに無意識にトム君の分まで用意していたり・・・
トム君、もしかしたら「ボク、ここにいるよっ、なんで気付いてくれないの?」ってひまりのそばにずっといるのかもしれない・・・自分が亡くなってしまったって気付いてないかもしれない・・・1人になるとそんな事ばっかり考えて泣いてしまってます そんなひまりを心配して友人たちが代わる代わる連絡くれたりして・・・友人たちはひまりを元気づけてくれて気を紛らわせてくれて・・・本当にありがたいです




昨日、一昨日とにゃん友さんからお花が届きました。
IMG_7697.jpg
おかんさん、姫パパさん、本当にありがとうございました
そして、かかりつけの動物病院からもお手紙と共にお花が届きました。
トム君は生まれつき涙目で皮膚が弱くてお目目がよく荒れたので我が家に来てからの6年間、定期的に病院で抗生物質と消炎剤のお注射をしてもらっていたので先生や助手のお姉さん方は本当に毎回良くしてくださり可愛がってくださっていたんです・・・
本当に感謝してます。 本当にトム君は幸せにゃんこです






昨日・・・
IMG_7662.jpg
娘っ子が「トム君が生きていた最後の写真になっちゃった・・・」と見せてくれたのがこの写真。
まさか亡くなってしまうとは思ってもなかった娘っ子、お顔を隠している姿が可愛いとこの写真を撮ったんだそぅで・・・
ひまりに抱っこされているトム君です・・・






こっちゃん
IMG_7657.jpg
ビットの次に長く一緒にいたトム君がいなくなってしまってこっちゃんも絶対に悲しいんだと思います・・
でも、頑張ってガンと闘ってます トム君が亡くなった日の夜、友人から16歳の愛猫ちゃんがビットやこっっちゃんと同じ乳腺ガンになってしまい、余命2ヶ月と宣告されてしまったとショッキングな連絡を受けました・・・彼女のショックはひまりには痛い程わかるだけに胸がしめつけられました・・・お互い、悔いのない様に愛情たっぷり注いでいこうねって 余命なんてあくまで予想です。その子の生きたいって思い、そして飼い主さんとの絆が強ければ余命なんて関係ないと思うんです。ビットはそれを証明してくれましたから 
こっちゃん、一緒に頑張ろうね ビットとトム君が見守ってくれてるんだもん、心強いねっ






空牙・・・
IMG_7652.jpg
トム君とは大きさも変わらなくてよくじゃれ合っては追いかけっこしたりと1番仲が良かったのかもしれません・・・
トム君がいなくなってからトム君がいる寝室にずっといます・・・淋しいよね・・・





そしてハウルも・・・
IMG_7654.jpg
いつも遊んでくれていたお兄ちゃんがいないので本当に淋しそうなんです・・・





にゃんこたちもトム君がいない事に違和感がある様で・・・
悲しい事ばかりのブログになってしまってごめんなさい・・・
も少し元気になったら明るいブログを更新しますね・・・










ここにもポチっとお願いしますぅ~
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト